• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

たぴおかな落書き帳

マターリした日々の日記ですb PSO2日記、絵などがメイン?みたいですよ(・∀・*)


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/11

  1. 2012/03/11(日) 21:12:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
こんばんは、たぴおかです

一年が経ちました
皆さんはあの時の気持ちを今でも持ち続けていますか?

正直、常に心に置いておくことはなかったことと思います
申し訳ありませんが、私はその一人です

ですが、それでも何かのきっかけで思い出す度、
「あの日の事を忘れてはいけない」ということ、
「何かできることで協力をしよう」ということ
そのことは心に残すように心掛けてきたつもりです

今回は、そのきっかけを旅猫さんが作ってくださいました
震災で亡くなられた方々へ心よりご冥福をお祈りさせていただくとともに、
私達のメッセージを寄せ書きという形で伝えようという事になり、
私もその寄せ書きに参加をさせていただきました

その寄せ書きが以下の画像です


3/11
クリック原寸です


今回はメッセージと共に、恐縮ながら全体の装飾をさせていただきました
この装飾には、私自身の願いを二つ込めてあります

ひとつは被災した大地にまた命が芽吹いてほしい、ということ
同じように、被災した方々に力強く生き抜いてほしいということ

もう一つは多くの人がこうあってほしいという願いです

この一本一本は細いつたは様々な角度から出ています、
これは私達ひとりひとりの力を現わしています

そして最初は離れていても、そのつたはいずれ絡み合う…
つまり力を合わせれば、そこには葉っぱという新しい営みが生まれます

しかしこのつたには花がありません
これは花が咲く、つまり完全な復興にはまだ時間がかかるかも知れないけれど、
たくさんの力が集まれば最上段にある、旅猫さんがご自身のメッセージで描いて下さった
ガーベラのように、美しい花が咲くだろうという願いを込めています

そして数多くのつたに囲まれた言葉は、一つとして周りと孤立しているものはありません
これは、この寄せ書きに参加してくださった方々は皆同じ事を願っているという事です

こんな思いを込め、今回は代表して皆さんのひとつひとつの言葉を繋がせていただきました

ただの言葉だけで終わらぬよう、私自身も協力できることはしていこうと思っていますし、
それは他の皆さんも同じことだと思います
なので多くの事はここには書きませんが、被災された方々ならびにそうでない方々へ、
私の寄せ書きのメッセージの反復になってしまいますが…

頑張るのは被災された方々だけではありません
「何かできる」からこそ、被災していない方も頑張る事が大事なんだと思います

心を一つに、共に頑張る

頑張る方向や程度は個人個人でバラバラでも、それらの終着点は
全員の願い、つまり復興へと繋がっているはずです

被災地の一日も早い復興、震災で亡くなられた方々へご冥福を重ねてお祈りを申し上げます

そして、共に頑張りましょう




スポンサーサイト

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。