• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

たぴおかな落書き帳

マターリした日々の日記ですb PSO2日記、絵などがメイン?みたいですよ(・∀・*)


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(・ω・;)

  1. 2011/12/04(日) 21:52:00|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
昨日寝なかったと思ったら今日寝ました、たぴおかです(^^;)
今日もまだファンシスには手をつけてませんので、昨日の深夜のネタのみで行きますね…っと?

フリック「あ、たぴさん」

フリックさん?どうしたの?(・ω・*)

フリック「フィオナが朝から元気なくてね…昨日何かあったのか気になって」

あー、今日の記事見ればわかるかな…あ、今回はチートとかではないんだけどね(・ω・;)

フリック「そっか…じゃあ僕も見ようかな」

おっけー、では今日のファンシス日記です!
昨日もやっぱり舞4ですね(^^;)


今回のスタメン!


今回のメンバーはタマさんとこのメイさん、スーさんとこのアイギナさん、
たいやきさんとこの海苔子さん、うちからはフィオナさんです!

フリック「もうおなじみのメンバーだね(・ω・*)」

で、今回は


いきなりw


誤字スタートでしたw
海苔子さんはパトカのコメントでもミスがあって証拠隠滅してたり、忙しい立ち上がりでしたね(^^;)

ということで周回開始!
一周目はB1で5乙でしたので放棄、二周目からが本命ですね(^^*)


舞4∞ ジャッゴ・リゾナより


まずは二周目、アイギナさんにクラ6シャグが出ましたね!おめでとうです♪(^^*)


メイさん暴走…!


そして、直後にメイさんが暴走…!><
メイさんは暴走を嫌っているだけに、かわいそうですね…(・ω・`)

フリック「それってフィオナもだよね?ということは…」

うん、まあね…><
あ、とりあえず続けますね!


援護!


通常暴走するとなかなか援護を受けられませんが、今回はフィオナさんが
ナノブラスト状態で援護に向かってましたね!(・ω・´)

クリア箱、リザは何も出ず、この周は5乙で惜しくもA評価でしたね
ということで、


海苔子さんお疲れ様です♪


バトンタッチ!


海苔子さんはたいやきさんにバトンタッチ!なんか毎度すみませんね…(^^;)
そして次の周、


再び暴走…!


メイさんが二周連続となる暴走…><
ザヴン・ヴァルは同じヒット数なら確かにガヴリ・ヴァルと比べて暴走確率は半分ですが、
攻撃回数、ロック数が増える分、その差を埋めてしまうのかも知れませんね…(汗

フリック「つまり、敵が密集しているところや、ロック数が多い
      ボス戦では暴走しやすいってことかな…?」


言いきれないけど、体感ではそんな感じかな…(・ω・`)
あ、ちなみにこの周のボーナスでは


舞4∞ ジャッゴ・リゾナより


たいやきさんにクラ6が!おめでとうです♪(^^*)
この日もHu机だったんですが、道中はこれくらいしか出ませんでしたね…(汗

そしてこの周は救援が発生したんですが、


><


フリック「そっか、やっぱり…(・ω・`)」

SSは撮ってないんだけど、実は前の周でも暴走して、次の周でもボスで暴走してるんだよね…(汗
今回は誰も傷つけなかったからよかったとは言ってたんだけど…

フリック「まだあの事気にしてるのか…いいって言ってるのに…」

あの子は優しいからね、やっぱりどうしても気にしちゃうんだと思うよ(・ω・`)

フリック「…ちょっとフィオナのところ行ってくるよ」

うん、よろしく…っと、話戻しますね(^^;)


舞4∞ 救援クリア箱


救援クリア箱からは、たいやきさんにシュトルムバーストが!ほんとにうちの子以外には出ますね…w


舞4∞ クリア箱より


クリア箱からはアイギナさんにデスペルタルが!おめでとうです♪(^^*)
今回はトライシオンすらリザが出ませんでしたね…(汗


お疲れ様です♪


ということで、この日はここで解散させていただきました(^^;)
タマさん、スーさん、たいやきさんお疲れ様です♪
またの機会もよろしくお願いします!(^^*)



オマケ



大きさ比w


たいやきさんとクラ6の大きさ比ですw
同じ大きさのような気が…w


では、今日はこんな感じですね!
今日はこれからレポートを進めて、12時くらいからはまた舞4の予定です…(汗




フィオナの部屋の前には、先ほど事の経緯を知ったフリックがいた

フリック「フィオナ、いるかい?」

フィオナ「…ダメ…入って来ないで下さい…」

部屋の中からは小さな声が聞こえてきた

フリック「…とりあえず理由は?」

フィオナ「何かの拍子に、あなたを傷つけてしまうかもしれないから…」

当然だがドアには鍵がかけられており、フィオナはこのドアを開ける気はないようだった

フリック「…よし、ちょっと失礼するよ?ドアから離れてくれるかな」

フィオナ「え?」

フリックはひとまずフィオナがドアから離れたことを確認し、


フリック「グランドクラッシャー!」


思いっきりドアを破壊した

フィオナ「え!?…ちょ、このドアどうするんですか!?(゜□゜;)」

フリック「大丈夫、このドアの修理代くらい僕の持ってるお金なら余裕で払えるから(^^*)」

フィオナ「いや、そういうことじゃなくてですね…」

フリック「冗談だよ…こんなドアよりも、フィオナが落ち込んでる方が僕にとっては問題だしね」

フィオナ「……」

フリック「まだこれの事、気にしてるみたいだね」

そう言って自分の左腕を少し上げた

フィオナ「怖いんです…また誰かを傷つけるかもしれないのが…」

フリック「まぁ、あの時はまだお互いに出会ったばっかりだったしねぇ…
      それに君から見たら、僕は確かに悪者だったわけだし」


フィオナ「でも、それでも…間違ってたのは、私で…><。」

フィオナの目からは涙があふれていた
フリックはそれを見て少し困った顔をして、そして

フィオナ「…っ!?」

優しく、フィオナを抱きしめた

フリック「落ち着いた?」

フィオナ「え…?」

フィオナの涙が止まったのを見てフリックは離れ、フィオナの頭に手を置いた

フリック「大丈夫だって、暴走するってことはつまり皆の為に必死に戦ってるってこと
      それに、あの時も今までも、君は誤って傷つけた者にとどめを刺そうとはしてなかった」


フィオナ「…でも、それじゃこの先も安全だって保証にはならないですよ…」

フリック「そうかなぁ…まぁ、僕はそれだけで大丈夫だって思うけどね(^^*)」

フィオナ「え?」

フリックは笑顔でフィオナを見て、言った

フリック「フィオナは優しくて暴走することを怖れる心をちゃんと持ってる、
      そういう心を持った人だったら、きっと大丈夫だよ(^^*)」


フィオナ「…ありがとう…(・v・`)」

フリックは部屋を出ようとして、ドアが吹き飛んでいるのを見て苦笑いした後、言った

フリック「あ、たぴさんがフィオナにはしばらく休暇出すから休んどいてってさ」

フィオナ「あ、うん…わかりました」

フリック「じゃあまたね、ドアはすぐにクラウチさんに直訴して直してもらうから(^^*)」

フィオナ「早めにお願いしますよ?会話とかだだ漏れなのは嫌ですからね?(^^;)」

フリック「ごめんごめんw」

フリックは部屋を出ていった

フィオナ「…ありがとう…///」


うちの部隊のリーダーであるフリックさんはメンバーの心のケアも担当してたりします(^^*)
そしてこの話には後日談があったようですね…w
また機会があればフリックさんやフィオナさんに内緒で、こっそり報告しようかと思いますw

スポンサーサイト

<<(・∀・♪ | BLOG TOP | (・∀・;)>>

comment

  1. 2011/12/05(月) 17:23:09 |
  2. URL |
  3. サフィア
  4. [ 編集 ]
こんばんは

暴走はビーストの宿命なのですね……
追記……(つД;)
もうフリックさんを風神だのックくんだのってバカにできない!!(……かも)

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。