FC2ブログ

たぴおかな落書き帳

マターリした日々の日記ですb PSO2日記、絵などがメイン?みたいですよ(・∀・*)


(・ω・`)

  1. 2012/04/18(水) 22:02:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
久々に人前で泣きました、たぴおかです(^^;)
今回も薬理動態学実習についての日記になってしまいますが、
いつも以上に重そうですので、読まれる場合はちょっとご注意くださいませっ


今日は実習でラットの両後ろ足に皮下注射をするということで、
見た目以上に難易度が高い手技が必要になったんですね
何しろ、麻酔なんてしないのでラットは4回もの注射を麻酔なしで受けなければならないんです
しかも今回用いたラットは、先週も別のグループで同じ実習を受けた個体で、
すでにその痛みも経験しているものだったんですね><
今までは手で掴む程度はほとんど暴れたりしなかったんですが、
今回は触るだけでも普段は大人しいラットが暴れ、天井の網をがっちり掴んで離さなかったり…
どの班も大苦戦し、ラットを手で持って固定する段階は先生がやっているところがあったほどでした(汗
うちの班もその一つで、今回は何度か失敗した後に僕が注射をすることになったんです
先生が上手くラットに苦痛を与えずに押さえてくださっていたおかげで、
出血やラットが暴れるといったこともほとんどなく、無事に終了させることはできました
ですが、やっぱりラットはすごく痛かったんでしょうね…押さえられて動けないだけで、
鳴き声はどうしても耳に入ってきてしまいました(・ω・`)
今回はラットが死ぬような薬ではないので、この実習で注射を受けたラットが
少なくとも実習中に死ぬということはなかったんですけどね
皮下注射は全部で3回行いましたが、全ての回で作業直後は両手が震え、
全ての注射が終わった時には、気がついたら僕の方が泣いてましたよ><
本当に理屈じゃないんです、改めて思い出してみても理由がわからなかったですから…

しばらくは震えが止まらず、先生が「ちょっと外の空気吸ってくるか?」と声をかけてくださったので
実習中の退室ということでしたのでその先生に付き添っていただきながら棟の外に出て、
少しその先生と昨年の話等もしてましたね…
そのお話によると、昨年も痛がるラットに無理やり注射をするということで、
ショックを受けて泣きながら作業をしていた先輩が何人かいらっしゃったそうです><
先生がおっしゃるには「ショックを受けるのが正常」だそうですが…
本当に命を犠牲にしてやっているんだと、痛感させられましたね(・ω・`)
それに見合うだけの責任を感じて、最大限正しい結果が出せるように努力すること、
そして自分達の知識として身につけていくことを常に考えて実習に参加しないと、です…

明日もやりやすく苦痛の少ない位置ではありますが、マウスに注射をする実習です(汗
僕自身もしっかり気を保ってやっていかないとですね…!


さて、随分重たい話になってしまいましたね…すみません><
最後のお知らせくらいは軽い雰囲気で書きましょうか(^^;)

えーと、明日もノート提出&口頭試問試験がありますが、
それが終われば若干勉強の方もペースを緩める事ができそうですね(・∀・*)
ということで、明日木曜日か明後日の金曜日にはインフラの方に顔を出そうかなと思います♪
しばらくまともに寝ていませんので、早めの退室or解散になってしまうかもですが、
もしご一緒できました時はよろしくお願いします(^^*)

あ、今日は最近の例にもれず、おそらくほとんど睡眠時間はないくらいだと思いますので、
インフラの方には行けませんがご了承ください(^^;)

では、今日はこんな感じで!
以下、コメレスですっ




続きを読む
スポンサーサイト




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY